FC2ブログ

記事一覧

3月26日の礼拝メッセージ「神の御住まいとなる教会」

聖書箇所は、エペソ人への手紙 2章 18-22節です。私たちは、このキリストによって、両者ともに一つの御霊において、父のみもとに近づくことができるのです。こういうわけで、あなたがたは、もはや他国人でも寄留者でもなく、今は聖徒たちと同じ国民であり、神の家族なのです。あなたがたは使徒と預言者という土台の上に建てられており、キリスト・イエスご自身がその礎石です。この方にあって、組み合わされた建物の全体が成長し、...

続きを読む

3月19日の礼拝メッセージ「平和の君」

聖書箇所は、エペソ人への手紙 2章14-17節です。キリストこそ私たちの平和であり、二つのものを一つにし、隔ての壁を打ちこわし、ご自分の肉において、敵意を廃棄された方です。敵意とは、さまざまの規定から成り立っている戒めの律法なのです。このことは、二つのものをご自身において新しいひとりの人に造り上げて、平和を実現するためであり、また、両者を一つのからだとして、十字架によって神と和解させるためなのです。敵意...

続きを読む

3月12日の礼拝メッセージ 「道 真理 いのち」

聖書箇所は、ヨハネの福音書 14章6節です。イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。(ヨハネ 14:6)私たちの人生には、様々な道があり、私たちはその道を自由に選択することができます。神様は、私たちに良い道と、すばらしい自由を与えて下さいました。それは、愛しているからです。しかし、神様が与えて下さったこれらの...

続きを読む

3月5日の礼拝メッセージ「今は近い者とされ」

聖書箇所は、エペソ人への手紙 2章 11-13節です。ですから、思い出してください。あなたがたは、以前は肉において異邦人でした。すなわち、肉において人の手による、いわゆる割礼を持つ人々からは、無割礼の人々と呼ばれる者であって、そのころのあなたがたは、キリストから離れ、イスラエルの国から除外され、約束の契約については他国人であり、この世にあって望みもなく、神もない人たちでした。しかし、以前は遠く離れていたあ...

続きを読む

2月26日の礼拝メッセージ「私たちは神の作品」

聖書箇所は、エペソ人への手紙 2章7-10節です。あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。行いによるのではありません。だれも誇ることのないためです。私たちは神の作品であって、良い行いをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行いに歩むように、その良い行いをもあらかじめ備えてくださったのです。(エペソ 2:8-10...

続きを読む

プロフィール

toyokawakyoukai

Author:toyokawakyoukai
豊川キリスト教会のブログへようこそ!
このブログでは、毎週の日曜礼拝での
メッセージや、教会のイベント、
お知らせなどを書いております。
時々、ご覧いただければ幸いです。

最新コメント